英ストーンヘンジ近くに新遺跡?約90個も!?気になる写真は!!

この記事は2分で読めます

英ストーンヘンジ近くに新遺跡、約90個の巨石列柱を地中に発見 国際ニュース:AFPBB_News

スポンサードリンク

ど〜も〜台風心配です!

HEZです!!よろしくです!

さて今日はいつもと違った切り口で

遺跡の話!じつは大好きなんです。

オーパーツや遺跡のことww

そしてそしてそんな遺跡話が

ニュースで取り上げれてました。

どんなニュースかって?

スポンサードリンク

まず、どんなニュースだったか

って事ですね!

英国の有名な古代遺跡「ストーンヘンジ(Stonehenge)」の近くで地中に埋もれた先史時代の謎の巨石群遺跡を発見したと、英大学などの考古学者チームが7日、発表した。最大90個の直立巨石は、当初の高さ約4.5メートルで、約4500年前のものとみられる。土塁の下に数千年間、埋もれていた可能性があるという。

むちゃくちゃ気になるでしょう?

写真もありますので一挙に!

英ストーンヘンジ近くに新遺跡、約90個の巨石列柱を地中に発見 国際ニュース:AFPBB_News 英ストーンヘンジ近くに新遺跡、約90個の巨石列柱を地中に発見 写真5枚 国際ニュース:AFPBB_News 英ストーンヘンジ近くに新遺跡、約90個の巨石列柱を地中に発見 国際ニュース:AFPBB_News

 

なんか見てるだけでわくわくします!

 

そもそもストーンヘンジって?

ストーンヘンジ(Stonehenge)は、ロンドンから西に約200kmのイギリス南部・ソールズベリーから北西に13km程に位置する環状列石(ストーンサークル)のこと。現在のイギリス人、アングロ・サクソン人がブリテン島に移住した時にはすでに存在していた。

ってこと!つまり

そんな昔の人がなぜ重機も

使わずにこんな事が出来た?

ってこと!!

考えれば考えるほど凄い!!

 

 

でそんな遺跡がまたまた

新発見されていた!?

地中に!!上がります!!

 

詳しく言うと、

新たな巨石群が

最先端センサー技術によって

見つかったらしんです。

すごいな最新技術、、、

 

そして、ストーンヘンジから

約3キロ足らずの距離にある遺跡

「ダーリントン・ウォールズ (Durrington Walls)」

直径500メートル、外周1.5キロ以上に及ぶ

「スーパーヘンジ」と呼ばれる環状遺跡で、

幅17.6メートルの溝と高さ約1メートルの

土塁に囲まれているが、

遺跡の一方の側面が直線状で、

他方は湾曲している点がず〜と

謎だったんだって!

そして、、、

英ブラッドフォード大学(University of Bradford)のビンセント・ギャフニー(Vincent Gaffney)氏は、英国放送協会(BBC)の取材に「ダーリントン・ウォールズは巨大構造物で、これまでは単に巨大な土塁と溝の囲いからなると考えられていた。だが、この巨大構造物の下に、別の構造物が存在している」と語った。

早く発掘してほしい!!

SFっぽい話なら

発掘中にいろいろな

モンスター、ゾンビ、、

出てきてほしいですよね〜w

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Little_mix_instagram_-_Google_検索
  2. るーちぇる_はげ_-_Google_検索
  3. 本田_なおオフィシャルブログ_Powered_by_Ameba
  4. ポケモンORAS_-_Google_検索
  5. 希良梨_-_Google_検索
  6. Banksy
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング